インプラント治療は本当に怖い?

インプラントは、最近よく耳にするようになってきたものの、
いざ自分がやるとなると、ちょっと怖い気がしますよね…。
アゴの骨にネジを埋め込むようにして、金属(チタン)を入れると聞くと、
大手術のように思えてしまうし、痛そうだし、やっぱり不安ですよね。
失敗したらいやだし怖いので、入れ歯でいいや、という人もいるかもしれません。

確かに、インプラントはリスクがゼロとは言えません。
成功率は98パーセントほどというデータもあります。
しっかりとした治療計画を立て、医師と相談やカウンセリングを重ね、
十分に確認、納得をしてから施術を受けることが欠かせません。

でも、とても便利で快適なインプラントを怖いという印象だけで利用しないのは、やっぱりもったいないですよね。
インプラントだと、見た目も自然だし、噛み心地も快適なので、歯があるときと同じように、普通に生活ができます。
もちろん、治療後のメンテナンスは欠かせませんが、
若い方はなおさら、今後何十年も続く人生において、
歯の不便さや見た目の悪さに悩んでしまうのはもったいないことです。

手術といっても、入院は必要なく、1時間から2時間くらいで終わる施術です。
ちょっと大変な手術になった場合は、2、3日ほど腫れたり、痛みが気になることもあります。
でも、鎮痛剤でおさまる程度の痛みなので、心配はいりません。

それに、麻酔をして手術を行うので、痛みを感じることも少ないです。
感覚としては、抜歯をする時と同じような感じ、と言われています。

とはいえ、インプラントの手術は怖いという方もいるでしょう。
どうしても手術が怖いなら、局所麻酔で意識のある状態で行うのではなく、
ほぼ意識のない状態で手術を受ける方法もあります(静脈内鎮静法)。

インプラントが怖いという方は、まずはよくインプラントのことを知ることが大切です。
どんなリスクがあって、どんなデメリットがあるか、そしてどんなメリットがあるかをよく学びましょう。
他の方法では得られないメリットがあると納得できれば、怖さはいくらか和らぐはずです。
あまり怖がり過ぎず、自分の生活の質を上げるための方法の一つとして、
良く知るところから始めてくださいね!

ヤニと歯石とスケーリング!

歯医者に来る人は大抵口の中が結構汚れている人が大半です。

中でも男性で中高年くらいの人はかなり歯石がついているのですが歯石以外にも多く見られるのは「ヤニ」です。
ヤニとはいわゆるタバコを吸う人に見られる歯の表面に付いた着色のことで、これは歯ブラシで磨いただけではとることはできません。

酷い人になると、歯石の上からヤニがべったりついていて歯が歯石で凸凹な上に真っ黒、なんていう時もあります。

職業柄、そういった人の歯をスケーリングするのは結構快感だったりします(笑)

黒くて硬い汚れがぽろぽろっと剥がれ落ちていくのがなんとも・・・。
ですが、やられる方は結構痛いです。

歯石がついていなくてヤニだけとるにしても、専用の機械ですぐに取れる人と、どれだけ機械で磨いてもなかなか取りにくい人がいます。
取りにくい人はおそらく結構頻繁に吸われているいわゆるヘビースモーカーなのでしょう。

そういった方は全部とってもどうせまたすぐつくので歯の表面だけ全部とって裏側は取れる限りまでしかとらないようにしています。

全部取るとその分患者さんの負担も増えますしね・・・。

姉が通っている徳島の歯医者ですが、先生もやさしくておすすめの歯医者さんとして紹介されました。
母親や友達にも薦めているみたいで相当いい歯医者さんのようです。
徳島市だとちょっと遠方ですが、実家に帰った時に通っています。

虫歯の被せ物の素材

“虫歯で歯科医院に言って治療を受けた人は多くいます。削る際の振動や、麻酔が苦手など、マイナスのイメージが多いですが、虫歯は進行性の病気なので、早目に受診してすぐに治療をしてもらうことが大切になります。悪くなった部分を削ると、そこに新しい歯が再生されることはありません。詰め物や被せ物をして、削った部分の歯の代わりになるような治療をする必要があります。
虫歯の被せ物の代表的な素材は、銀歯でしょう。保険が適応されるので、口の中にも何本かあるという人も少なくありません。比較的安価で治療することができる銀歯ですが、白い歯の中に銀歯があるととても目立ってしまいます。そこで、最近は白い素材を被せ物に使うことが増えています。小さな虫歯であれば、削ったその日のうちに樹脂を使うことで、すぐに治すことができます。
大きな虫歯になってくると、樹脂では強度の問題で対応することができなくなってしまいます。そこで、白いプラスチックを使うことで安く白い材料で治すこともできます。プラスチックは安いですが、強度の面で問題があり、更には長い間使うことで変色して黄ばんでしまうと言う面もあります。とりあえず安く歯を白くするには適した素材ですが、長期間使うのは難しいかもしれません。変色せずに、強度もある素材は、セラミックです。透明感のある白い色をしているので、本物の歯と似たような質感を出すことができます。色も自分の歯に合わせて選ぶことができるので、美しい仕上がりになります。ただ、費用が1本につき数万円かかってしまうので、本数がある場合は治療費が高額になってしまいます。最近では、プラスチックとセラミックを混ぜた、ハイブリッドセラミックという被せ物もあります。歯ぎしりなどで被せ物が割れてしまう患者さんも、適度なやわらかさを持っているので対応できます。患者さんのお口の状態に合わせて選ぶことで、より長期間良い状態で使えるようにしています。”
リデン効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>